ikushiro.

草野育史朗(ドットさん)  

シェフ・パティシエ/アーティスト

~~~~~~~~~~~~~

植物性100%素材のみで作るパティスリーを運営

店舗を持たず、主な活動は、オーダーケーキ制作、卸販売、イベント販売など。

素材は、熊本県を中心とした繋がりのある、顔が見えるこだわりの農家さんから直接仕入れた果実などを主に、

なるべくオーガニック素材を使用し、

可能な限り添加物の使用、または添加物混入素材を避け、

『活きた』自然素材で構成されるケーキや焼き菓子などを制作。

~限られた食材の中で、美味しく・楽しく・自由に表現するを喜び/テーマとして、

ユニークで、世界のどこにもない個性的な作品を生み出し続けている。

卵や乳製品にアレルギーのある方、

健康上の理由で避けられている方、

思想上、宗教上の理由で動物性食品を摂られない方へ、

巷に溢れるパティスリーのケーキと比べて全く遜色のない感動を提供することができます。

素材の王国「熊本」から、一足飛びの「海外」へ、

小さな、限られた世界に留まらず、パティスリーとしての誇りと信念を携えて大きな世界へ挑んでいきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

略歴

30歳を過ぎてから一念発起して料理の世界へ入る。

その後、お菓子の世界へ入るも、人の出入りが激しい最悪な職場環境でした。

しかし、それが幸か不幸か、この世界では異例ともいえる短期間での仕事の習得が可能になり、

色々なパティスリーの「技」を教えてもらえる結果となり、僕にとっては大きな財産となる。

しかし、パティシエという一見華やかに見える職業の裏側にある食品廃棄の問題、添加物多用、労働問題、劣悪な人間関係に嫌気がさし、一旦はこの世界から足を洗う。

その後、農業へ転身を考えて住み込みでの研修を受けようと、受け入れて頂いた先が、

マクロビオティックで有名な「中島デコ」さん主催のブラウンズフィールドだった。

それまでは、マクロビオティックやヴィーガンなど全く知見がなかったので、

食や自然環境に大切にする考え方に衝撃を受ける。

なかでも、デコさんが作られていた動物性素材を使わないお菓子に可能性を見出し、

同所を卒業したのち、東京都内のオーガニックカフェに勤めながら、

独自ブランドを立ち上げて、手売り、卸売り、または講師業の活動を経る。

2010年には静岡にカフェをオープンするも、翌年の原発事故により熊本へ移住。

故郷を遠く離れた土地だが、素材の王国「熊本」に新たな可能性を見出し、色々な変遷を経つつ現在に至る。

まだまだマイナーなヴィーガンやベジタリアンなどのPlant-based sweetsを、フランス菓子や和菓子などの格式まで引き上げたい想いと、

それらを作るパティシエの地位向上に努めたい想いがあり、

現在、それに向けてひたすらに突き進んでいる。

access map

map

ikushiro logo

〒861-0121 
熊本県熊本市北区植木町平井577
Tel  090-9296-0342
Fax 096-227-6541

Please publish modules in offcanvas position.